量子生物学講座 栗田研究室

 栗田研究室では、様々な分子シミュレーション手法を用いて、DNA やタンパク質などの生体高分子の構造と電子状態を解析し、アルツハイマー病、ガン、結核、HIVなどの病気に対する新規の治療薬を提案することを目指して、研究を進めています。また、DNA遺伝情報の転写機構、放射線のDNAへの影響、新規のナノ吸着材の安定構造に関する研究も行っています。

 

学部 3年生へ continuous

(301) 240-6524(学内のみ閲覧可)

  • 研究室配属を控えた学部3年生向けに栗田研究室の概要や雰囲気などを紹介したページです。
 

ニュース 702-922-8963

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.